colour me pop

好きなこと、色とりどりに。

スキマスイッチre:Actionツアー@大阪オリックス劇場~其の二

バンドが捌けて、大掛かりなセットチェンジが始まる。
ステージいっぱいにキーボード。
間にマイクが数本。
なに?このセットチェンジ。
みんなでキーボードで弾き語りでもするの???

あまりに長いセットチェンジの為、スキマのお二人が場つなげで登場。

皆さん観ました?KANさんのあの衣装。
僕ら数日前にスターダストレビューの35th記念で
さいたまスーパーアリーナに出演させてもらってたんですけど
あの時もね、あんな羽根つけてて。
あれはアリーナ用で 「大」 なんですって。
今日のは 「中」 らしいですよ。

何て裏話もちろっと。

ちなみに大橋君はあの衣装に真顔で着替えてるKANちゃんがツボなんだとか(笑)

なかなか出てこないKANちゃん。
大橋君が、準備したら勝手に出て来るって言ってたんだけどなぁ~

と言ったらKANちゃん登場。

KANちゃん:えー、だってしんたくんのイヤモニにKANさんスタンバイOKですって
スタッフが伝えてるはずだよ?

良く見ると、しんたくんイヤモニはめてない・・・(笑)

今回はre:Actionツアーということで、プロデュースしてくださった皆様と
一緒に曲をねやろうというコーナーなんですけれど・・・。
KANさんからはこの曲をリクエストしてもらいました、

とKANちゃんがリクエストしたのは 「ムーンライトで行こう」

元々re:Actionは スキマの曲を使ってリプロデュースしてもらうという企画。
でもKANちゃんには何か違うことをやって欲しい。
そこで思いついたのがKANちゃんの 「全曲つなげ」。

KANちゃんは絶対ムーンライトで行こうをプロデュースしたいと願っていたそうなんですが
回奏パズルへと変わってしまったので
ここでムーンライトをやることにしたそうです。
KANちゃん、大好きなんだって。

でもせっかくムーンライトで行こうをやるんだから
普通のことをしても面白くないよね。

出た、KANちゃん。だからこのキーボードの量か・・・。

スタッフさんが駅のパネルを持って登場。
駅ごとに移動して弾くんですって(笑)

東京からスタートして、旅をしながらのムーンライト。

下手から・・・
東京→沼津→静岡→浜松→蒲郡→三河安城→名古屋→大垣
それぞれの駅パネルの下にキーボード、マイクスタンドがあります。

一度捌けた3人。
すぐさま下手から、デッカイスーツケースを転がしながら出て来た。
KANちゃんはなぜか今時あんなのどこで見つけて来たんだろう?と言いたくなる
ダウンコート。
洋服ハンガーを用意して、脱いで、そこにダウンコート
大橋君のシャツ、しんたくんの変なジャケットをかけて
かなーーーり練習した

ムーンライトで行こう

それぞれ、ポジションを移動しながら演奏して歌って行く。
あ、間に合わない というこちらの心配をよそに
きっちり合わせてギターを抱え歌う大橋くん。
東京からスキマ2人の出身地名古屋まで見事なムーンライト演奏。

なんのための大垣?な大垣駅はイマイチ成果を出せず、素通りな感じで(笑)

大橋君はこれをやることに果たして意味があるのかどうか?
と最後まで疑問形でした(笑)

私はピアノジャンボリー思い出して、とっても楽しかったよー!
さすがKANちゃん!


さてここからはアンコールまでKANちゃんが登場されませんから
ポーンと飛んで。

アンコールではスキマの二人がご当地Tシャツを着て登場のはずが
売れに売れて、スキマ2人の分が無いんですって!!!
そのTシャツってのが、背中に直筆で

ス     K
キ     A
マ     N





って書いてあるだけなんですけどね。
これは着れないので買わなかったけど、そんなに売れてるとは・・・ビックリ。
KANちゃんはいつもの燕尾に羽根(小)。

今度はKANちゃんの曲をということで、KANちゃんがリクエストしたのは
まさに

En1.scene
ミスチルの曲にスキマの全力少年の歌詞で作り上げたというKANちゃん。
これは有名な話。
ついでに有名な話は、これをジャックダニエル2本で了承したという大橋くん。
ミスチルの桜井さんはデモを聞いて

これは素晴らしいですよ!

と大変喜んでくれたそう。もちろん、そんなお礼なんて要りませんと無償で・・・(笑)

ここで大橋くんのちっちぇー感じが浮き彫りになり、タジタジの大橋くん。

それにしてもsceneはすごい良かった!!!

スキマにピッタリ。明るくて元気があってまさに全力少年!
オリックスがぐらぐら揺れてるんじゃないかってほどにジャンピンジャンピン。

か~ら~の~
En2.全力少年

大橋君のコール&レスポンスをKANちゃんがやる!と言い出した。
イェーイ!イェイイェイイェイイェイ!と楽しいコール&レスポンスが続く訳で。
しかもKANちゃんのコール&レスポンスって珍しい、レア過ぎる。

たまに「No!」とかが入ってくる。

おや・・・これは明らかにおかしな雰囲気だぞ。

「WHY?」も入ってくる、明らかにおかしいぞ。

そのうち、WHY?がYに代わり
バックバンドの演奏も加わって、YMCAを歌い出しちゃった(笑)
しかもスゴイ盛り上がってる!!!

途中で大橋君に止められた客席はそれこそ不完全燃焼丸出し。

やっぱり僕がやりますよ!と
無駄に難しいコール&レスポンスをさせられ、

「YMCAの方がおもろいやんけー!!!」

と声にならない大声を発していたのでした。

そしてこの曲を聞くためだけに大阪に来たと言っても過言ではありませぬ。

En3.回奏パズル
とっても大事な曲です、と大橋君が言ってました。
スキマを好きな人も、初めて聞く人も
これがスキマスイッチだって分かるように作った、とKANちゃんが言ってました。

プロデューサーという立場を最大限に利用して、レコーディングではギターソロを弾かせてもらいましたが
今日はちゃんと石成さんに弾いてもらいます

KANちゃんのギターソロ、好きなんだけどなぁ。。。

それでは聞いてください。回奏パズル

KANちゃんのピアノがひび・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

3音で止まっちゃった(笑)

大橋くん、気を取り直して
それでは聞いてください。回奏パズル

すっごい良かった。メロディも美しいし優しさで溢れかえってる会場。
大橋くんの歌声に悶絶。
KANちゃんの力強さと滑らかさが重なったピアノのタッチに涙が出る。

めっちゃふざけたライブしてて、スキマスイッチファンにはもしかしたら
すこーーーーしだけ不愉快な気持ちになった人も居たかもしれないけれど
どうかこの曲で帳消しにしてほしい。

変態で天才のKANちゃんのスキマに対する愛情がこれだけ詰まった曲。

浦さんとしんたくんが手分けして出したストリングスも素晴らしい。

最後の一音が鳴り響くと放心状態。
来たくても来れなかったスタ友さんの分まで一生懸命拍手したよ!

終演時間22:16分。
3時間半のライブは終わってしまったけど、来て良かったと思った。
誰彼構わず自慢したいライブだった。

スキマスイッチ、ありがとうー!
KANちゃんに無理難題押し付けてくれて本当にありがとうー!
securedownload_20170524104710d75.jpg

スポンサーサイト